輝く月2015年10月29日 09時06分57秒

昨日は月がとてもきれいだった。
町内の回覧を回すときに外に出て気がついた。思わず撮影。
右上が僅かにかけているので満月じゃないんだろうけど、十分丸い。
コンパクトデジカメでもここまで写る(20倍)。実は月はかなり明るいので、ISO800なら1/1600でもまだ遅いくらい。望遠鏡でもムーングラスを付けないとまともに見られないほど。

で、今朝御苑を散歩していると、月はまだ残っていた。
人間の目にはもっと大きく見えるのだけど、写真に撮るとこの大きさになる。これが縮尺上正しい大きさ。人間の脳内では月は2倍にも3倍にも、場合によってはそれ以上に大きく変換されるのだ。これは、人間にとって以下に大切な存在であったかを示す証拠といえる。農業とか、気候に関係する仕事では太陰暦の方が合っているとも聞く。小豆相場に関わるなら、太陰暦の把握は必須・・・かも(^_^;)

文様をよく見ると、夜とは上下逆。
昇るときと沈む時なのでそれは当たり前なんだけど、はっきり見たのはこれが初めて。

月に釣られてか、今朝は猫も多かった。人も猫も月の恩恵を受ける同じ地球上の生命の兄弟。
合掌。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2019)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2015/10/29/7874440/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局