2013白馬・八方・栂池(3)2013年08月24日 10時31分59秒

観音堂手前から集落と海を望む。
180度の眺望がある。

海が日本海なのは言うまでもないが、中央奥の山が米山。一度登ってみたい。
今年はお寺さんにいろいろと教えていただいたので、次回にチャレンジ。

運がよければここから右手に山がつらなって見えるらしいが、今日はかすんでいてあまり見えない。

その手前左手に見えるのが柏崎原発。
何度も言うようだが、歩いて行ける距離なので、何かあったら即あの世行き。

地元にとって原発は必要悪。危ないのは百も承知だが、しかし生きるのにお金は必要。
安全な都会にいて、電気をばんばん使いながら原発反対などと言う愚か者には、都会で稼いだお金を捨てて、田舎で住んで田舎の実情を知ってからものを言うことを義務づける。
廃止したいなら、代わりになるものをよこせ。それが偽らざる気持ち。


夜のご飯は、富山で買った源の「ぶりのすし」。
源は「ますのすし」が有名だけど、こちらもおいしい。
まずのすしよりずっとお寿司なので酸味は強い。

お供はこのお酒。いつも日本酒を買う「越の蔵」で購入。
シャーベットと書いてあるが、冷凍するとシャーベット状になっておいしいらしい。
が、一般家庭の冷蔵庫程度の能力ではなかなか凍らない。このときも4時間は冷やしたと思うが
全く凍らなかった。

味は「甘い」。ちょっと甘過ぎな感じ。もう少しそれを押さえたらよいのに。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2013/08/24/6956636/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局