京都紅葉事情2018(5)2018年12月02日 19時44分10秒

12/2の京都は快晴で、気温も暖かで絶好の紅葉狩り日和だった。
前にも書いたけど、今年の京都の紅葉は最初だめかと思ったけど、最近級に色づきが良くなってきた。例年より色づきが2週間ほど遅れている感じ。その御蔭で12月入ってもきれいに見ることが出来た。

これは同志社大学今出川キャンパス東隣にある相国寺の鐘楼前。
今非常に綺麗。この右手奥にも楓があるのだけど、そこもそこそこきれい。

変わってこちらは下鴨神社境内にある河合神社の横手。御手洗川の前。
下鴨神社境内、というか糺の森は例年12月に入ってから紅葉するのだけど、今年は他が遅れているからここも遅れているのではと思っていたけど、ここはほぼ例年通り。

まだ一部青い木もあるし、台風のせいで木が減ったのでちょっとまばらに見える感じもする。

馬車も走っているのでどうぞ。休日だけかもしれないけどね。

これは本殿手前左手にある鳥居。ここの楓は例年非常に綺麗に色づくが、今年もきれい。
写真は多いので明日以降も出すけど、取り急ぎ京都市内の紅葉事情を書いておくと、御苑内は今週中、下鴨神社は1週間が見頃で、2週間行けるかどうか、上賀茂神社も今週、植物園も後1週間保つかどうか。という感じなので、見に来たい人は今週中に休みをとってくるべきかと。

そういえば、今日はあちこちで結婚式を見た。
下鴨神社、上賀茂神社はもちろん、植物園の隣のレストランでもやってたし、御苑内で見たのは護王神社さんで式を上げた人か。上賀茂、下鴨では何組もがひっきりなしに式を上げているようだった。
今日は大安吉日だったのだろうか。
お幸せに。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2018/12/02/9006141/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局