新潟・白馬2018(89)2019年01月16日 06時03分50秒

雪渓を渡りきると、その先はこの岩の上を歩くことになる。岩の間ではない。岩の上を歩いていくのだ。
所々に見える白や赤の印は、そこに向かって、もしくはその上を歩くと比較的楽というものだ。他の岩でも行けないことはないが、間隔;特に次の1歩との高低差がありすぎて難しいことが多い。

岩の下に花を発見。ミヤマタネツケバナではないかと。

えんえん岩続きなので膝にかなりの負担がかかる。
た、大きなカメラを抱えての歩行はかなり難しい、というか危ない。やはり小型のカメラがほしいところ。

天狗原までの間は、林の中に入ってもずっと岩。

振り返るとこんな感じ。岩の壁。
この時間から登る人は確実に宿泊だなぁ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2019/01/06/9021985/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局