養父忘年会旅行(7)2014年01月08日 22時00分48秒

4品目は牛肉の、たたき風だろうか。熱くはない。
1枚1枚は薄いのだけど、かえって舌の上でとろけ、肉の味がよくわかる。牛脂は本来は人の体温では溶けにくく、熱いうちに食べないといけないが、これくらい薄くなっていると溶けるので、問題ない。冷えてもおいしい肉こそ本当の上質の肉なのだ。
牛肉は、分厚くて霜降りがおいしいと信じている人がいるけど、あれは油の味であって、また「分厚い肉を食べているという満足感」であって、本当の肉の味だとは思わない。。肉の味を十分に味わうなら、これくらいの厚さでなくてはならないと思う。
さすがは肉屋で修行されてただけのことはある。魚もいいけど、肉料理は、他のメニューも含めさすがとしか言いようがない。実は今回も牛肉のサンドイッチをお土産に買っていこうと思ったのだけど、年末最終日だったので、もう肉を切らせて出来ないと。それだけが残念だった。

一緒に呑んでたのは、上にも写っている濁り酒(前回の写真から減ってないようにも見えるけど、減ってないんじゃなくて、再びついだだけ)と、エビスの黒。
あぁ、おいしい。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2014/01/08/7180929/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局