新潟・白馬2018(40)2018年10月24日 06時45分47秒

また実に戻る。
かぼちゃのような実。

葉っぱはタケシマランに似ているけど形が違う。多分近い種類。

クリ。数は多くなかったけど落ちてた。

これはさっきあったやつかな。

セミが落ちてきた。

救出してみるとこんな子だった。
大きさはクマゼミよりちょっと小さめくらいか。全体的にクマゼミに似て翅も透明だが、体の色というか模様は京都らでは見かけたことがない。誰だろう。でもあまり撮影できなうちに逃げられてしまった。残念。
ここいらはミンミンゼミが中心だけど、他のも聞こえる。それかもしれない。

これは何だろう?
そう思って近づいたら蜂の巣だった。
葉っぱの裏に巣を作るということも珍しいけど、このハチ自体も見たことがない。黄色っぽい体色でアシナガバチでもスズメバチとも違う。
怖いのでさっさと通り過ぎた。ハチは近寄らないに限る。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2018/10/21/8979311/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局