沖縄旅行(9)2019年03月23日 07時39分01秒

美ら海水族館到着。10:20くらい。
広い駐車場があるのだけど、来場者数が多いのとその殆どが車で来るので開いている場所を探すのには結構時間がかかる。
どれくらいの来場者数があるかといえば、この看板を見てもわかる。
日本ではダントツ一位で、2015年度で言えば1位 沖縄美ら海水族館323万人、2位大阪は海遊館で219万人、3位 名古屋港水族館196万人らしい。京都水族館はもっとずっと下なんだろうなぁ。公式記録は見つけられなかったけど、最初の2年9ヶ月で500万人達成したらしいから、年間181万人くらいか。おっと、4位の東京都葛西臨海水族園が147万人だからそれより上?いやそれならランクキングにでているはずだからもっと少ないけど100万人は超えてるのかな?

駐車場から水族館までは結構距離がある。

海に向かって坂を下る感じ。

建屋前には大きなジンベイザメの銅像がある。
この前で記念撮影する人多数。中華系が多いなぁ。

建屋の構造はこう。
4階から入って・・・じゃなくて入り口は3階にあるのでそこから1階に降りていく。

人は多いけど、広いのでそれほど混在しているという感じはない。

まず出迎えてくれるのはふれあいコーナー。
ヒトデとナマコが触れる。感触なのでここのは忘れたけど、他で触った感じからすると、人では思ったより固く、ナマコは微妙な柔らかさと言うか硬さでなんか気持ちいい。

以降場所の名前は忘れたけど内部の写真。
これは最初に見える中ぐらいの水槽だったかな。
この中には本当にいろいろな魚がいる。沖縄の海の豊かさを感じさせる。

これはクエか?

ウミガメ。

うつぼ!

これもクエの仲間か。

白クエ?

洞窟には謎の魚も。

これは別の水槽で伊勢海老軍団。

まだまだ続く。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2019/03/17/9048355/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局