良作アニメ紹介;蟲師2016年02月27日 08時32分08秒

「蟲師」(むしし)
漆原友紀さん原作の漫画をアニメ化したもの。第1期が2005年全26話。


生命の根源に近い存在である「蟲」と、それを扱うことを生業とする蟲師「ギンコ」の話。ホラー的要素のある話もあるけど全体的にはそうじゃないし、妖怪ものでもないし、一種独特の世界を作っている。江戸と明治の間という架空の時代設定らしい。ちょっと懐かしさを思わせるこの時代設定も絶妙。

これは完全に大人向けアニメ。NHKでやってもおかしくないような感じ(最近のNHKはセーラームーン、進撃の巨人、ラブライブも放映するくらい寛容だけど)。

原作は全10巻で、第1期では6巻までを再現してた。残りもやってほしいなあと思っていたら、なんと9年後の2014年に実現した。特別編はオリジナルの話、第2期が20話で原作ほぼ全話作成された。残り1話が2015年に映画になったらしいが知らなかった。

原作も読んだけど、順番は入れ替わっているが内容はほぼそのまま再現されている。絵の雰囲気も含めて。原作の絵柄に声と音とがついて幻想的な雰囲気が一層増している。
決してハッピーエンドだけではないし、なにか訴えることあるわけでもないが、見せる力がある。ほんとうに独特の世界。

実写映画化もされたけど、余りに中途半端かつ原作の設定を無視している部分があるのであまりおすすめしない。
なので、アニメで見て欲しい1作。

コメント

_ いなかじまん ― 2016年02月27日 23時03分59秒

「独特の世界」まさにそれですね
主題歌の牧歌的で昔っぽいフォークソングが好きです
1期は見ましたが特別編と2期はHDD吹っ飛んで未視聴です・・うう
ではまた

_ LeDA ― 2016年03月04日 11時15分09秒

1期の歌は好きでした。
2期のは、悪くはないのですが、ちょっと違和感があったような。

同原作者さんの「水域」もアニメ化されないかなぁ。1クールは無理なので4回位で。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2016/02/22/8025543/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局