似非しまなみ海道物語(24)2018年06月06日 05時56分07秒

大山祗神社。


流石にこの時間には参拝者は「他には」いない。

神社にはクスノキの大木が多い。
クスノキは樟脳の木だから虫に強いのだろう。御苑内にも大木があるし、椎谷の観音堂にも樹齢800年を超える木がある。

そういう木には大概いわれがある。
この木は天然記念物。

なんか門は新しくなったみたい。
そういえば2年前に来たとき工事中だった。

きれいになっている。
が、ところどころにヒビが入っている。木の乾燥が足りなかったんじゃないか?。それとも、どこでもそんなもの?ひのきのいい香りがする。

ここまでの旅程の無事だったことへの感謝と、この先の無事を祈念する。
流石にまだ社務所は開いてない。お守り欲しかったんだけどなぁ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2018/06/02/8865413/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局