博多総合車両所見学(18)2017年03月01日 06時10分09秒

歴代車両に使われていたモーターの説明があった。

0系、100系は直流モーターだったのに対し、300系以降は交流モーターになっている。直流モーターでは電圧は低く、電流は多くだったのに対し、交流ではその逆になっている。しかもVVVFなのでそれが動的に変化する。

また、交流モーターになってから、重量が格段に減っているのもよくわかる。半分以下。高速走行にはいかに軽量化が大切だったかがよくわかる。前に書いたとおり、全電動車だとすると、1編成で32個の台車、1台に2軸、1軸に1個のモーターだから32*2=64個のモーターがあるのだから、1個あたり400キロも重量が減れば全体で25600キロ=25.6トンもの軽量化になる。すごい。

500系の最高速度は現在のそれにされている。このモーターは320キロ走行にも耐えうる超強力な物。回転数が他のに比べ格段に高いことがそれを物語っている。もっとも、回転数と最高速度が必ずしも一致しているようではないが(300系を見ると解る)。

今回見たのは、たぶんこの最後の2種類。モーターの写真もあればよくわかったろうに。

結構広い範囲で台車整備が行われていた。新幹線において一番大切であり、数が多いからだろう。1両2台あるから1編成16両とすると、32台も台車があるからね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2018)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2017/02/26/8376674/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局