良作アニメ紹介;ザ・サード2016年03月14日 14時50分00秒

「ザ・サード~蒼い瞳の少女~」は2006年の作品で全24話。

戦争のために砂漠化してしまった惑星で、冒険者のようなことをしている少女が謎の青年と出会って旅を続ける物語。戦争を起こさせないために人類に与える技術を管理している「ザ・サード」と呼ばれる第3の目を持つ管理者との関わりも含めて物語を描いていく。
謎の青年は、実は外の世界から来てこの世界の有り様を観察する「監視者」。なのでザ・サードに対しても超越的な立場で対応する。まあ、それは最後になって解ることだけど、うまい世界設定を合わせてのめり込ませる物語になっている。

一応ロボットも出てくるし、戦闘も多めだけど、物語としてはそれは主題ではない。
この作品が非常に残念なのは、作画が荒れることが多いこと。
昔のアニメでは納期に間に合わなくて作画が崩壊する作品が少なからずあった。「作画崩壊」でWikipedeiaで検索すると出てくると思う。そういうものでもDVD化の時に修正されることが多いのだけど、この作品は修正されてないのか修正してこの程度なのか解らないけど、かなりひどいところがある。
砂漠の世界なので背景描画なんてほとんどないはずなのにこの荒れ方はどうしたもんかなぁと思う。

なんか原作は不定期ながらもまだ続いているそう。設定を広げすぎて収拾が付くのかどうか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2016/03/11/8046653/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局