しまなみ海道3「魂は燃えているか」(45)2016年05月25日 05時52分01秒

うさぎの数が余りに多いので、自転車でひかないよう、足で蹴らないように進むのが大変。本当に。

島内では休暇村までの間に送迎ガスが走っているが、あくまでうさぎ優先なので、うさぎがいると停車する。

基本的に島内は車禁止。あるのはそのバスなど業務車両のみ。道路内とか建物出入り口前でのウサギの戯れは禁止になってるけど、それは危ないから。でも戯れようとしてなくてもちょっと止まっただけで寄ってくるのでどうしようもないこともある。

暫く行くと海が見えるようになる。木道があった。

遠くに灯台が見えるので、まずはそこを目指す。

どでかい送電用鉄塔がある。
GoogleEarthで見ると、島に2本あるようだ。風光明媚な景色に溶け込まないもの。

周りを見ると、そこら中穴だらけ。アナウサギの習性。
うちでも庭に深くて長い穴を掘っている。硬い土でも平気で掘り進む。テニスコートも穴だらけだったけど、使えるの?消える魔球になるのかも(^_^;)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2016/05/24/8095072/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局