しまなみ海道3「魂は燃えているか」(44)2016年05月24日 06時26分46秒

種類を見ると、多くがミニウサギと呼ばれる雑種で、ネザーランドドワーフ系もいる。だから、うちの子とそっくり。よく学校で見かける、白色で赤い目の種類は多くはない。長毛種もいないみたい。

ウサギたちは私の餌を食べ終わったら、次に来た人の音を聞きつけてさっさと走って行ってしまった。
ウサギにとっては人間は餌をくれる物に過ぎない。現実的というか世知辛いというか。

名残惜しい気もするけど、島一周を開始する。

ここでは右回りの決まりがあるので左手へ。
ところで「右回り」って、「右から回る」のか「右方向に回る」のかどっちだろう?後者で行ったけど。

自転車で進むと、うさぎたちがわらわら寄ってくる。
かなり遠くからでも。

ここのうさぎたちは人を恐れないどころか、足元まで寄ってくる
この島のうさぎたちにとって、人は怖がる対象ではなく、餌をくれるありがたいものなのだ。

かなり遠くからでも来るので、ウサギの耳の良さはかなりのものだ。
うちで飼っているとそんな遠くの音が聞こえても無意味だし、長い距離も作れないのでこういう特性は発揮されない。

ピーターしている子もいる。
ピーターラビットの表紙に描かれている、二本足で立っている構図。
かわいい。

うちの子のほうが可愛いけどな^_^;(←親ばか)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2016/05/23/8094458/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局